SDBWサンプルイメージ

日本語版SDBW 製品概要

 日本語版SDBWは、“GIS分野での扱い易さを重視”して、加工・製作された、世界地図のデータベースです。

 SDBWは、各オブシェクト(ポリゴン,ライン,ポイント,テキスト)に“表示用スケール情報”を属性として格納してありますので、システムによっては、表示したいスケールごとに間引いて表示することも可能です。また、データベースも一つなので、取り扱い易いデータとなっております。精度は約1/300万(一部1/100万)以上の精度を有しております(地域ごとに異なります)。

 日本語版製作にあたって都市注記の約19,000件を日本語化、領土については総務省・外務省の見解を反映しております。また、海外の都市名などには現地での読み方とは異なる「外国語読み」を持つものも少なくありません(「ベネツィア」に対する「ベニス」など)。SDBWは現地での読み方のほか一般的な英語読みなどの注記情報を持っているので、このような状況にも対応可能です。中でも漢字文化圏(中華人民共和国、大韓民国をメイン)の情報は充実しており、漢字のほかに日本語での読み(主要部)も格納しております。そのため、文字からでも読みからでも検索できます。

 注記情報は極力“ポリゴン管理”を前提としております。国名や地域名、自然地名などの面的な要素を表示する場合、ポリゴンで管理しておく事によって、画面を移動しても注記が見切れてしまうことがありません。ポイント管理で面倒な思いをする必要もありません。

 また、日本語版WDDBをご利用されている方も速やかに移行できるように、アイテム定義やコード等は、同じにしております。データを更新維持していくためにもユーザフレンドリな形式としました。価格体系も変更しておりません。

ページ・トップへ

日本語版SDBWの特長

  1. すべてのオブシェクト(Polygon, Line, Point, Text)に地図表示を最適化するための基準縮尺情報を属性として付与しておりますので、お客様のシステム等で、表示縮尺に合ったデータだけを抽出して表示/非表示の制御を実現できます。
    例えば、河川・湖沼を、小縮尺時にはラインで表示して、拡大時にはポリゴンで表示する、などの煩雑な制御にも柔軟に対応することができます。
  2. 自然地名・歴史的地名等では、ポリゴンとして属性を保持していますので、注記の表示位置をそのポリゴン内で自由に配置することが可能です。また、地域検索実行時にもポリゴン範囲を強調表示することで、該当箇所の確認を容易に行なえます。
  3. およそ250,000件ある都市名・自然地名データのうち、約19,000件に日本語と読みの注記が付与されています。
  4. 日本語の注記・属性情報等(各国名や領土等)は、総務省・外務省の見解に従ってデータを整備しています。また、注記の多くは英語だけでなく、現地語データも持ち、更に主要地域においては、一般的な読みの他、現地での発音に倣った読み方もご利用頂けます。(例:北京/Beijing/Pekin)
    ※漢字文化圏(主に中国と韓国)は、特に充実化されておりますので、例えば漢字がわからなくても読みによって検索することが可能です。
  5. 都市名等の注記は、英語だけでなく、現地語で提供することが可能です。(※但し、ローマ字:標準ASCIIでの表記となりますので、キリル文字やギリシャ文字には未対応となります。)
  6. 行政領域データでは、外務省が公表する国名、及びISOの国コードを属性データとして付与されています。
  7. データは基本的に毎年更新(毎年、8月リリース)いたします。
    また、外務省広報等の変更については随時更新いたします。
  8. インターネットでの利用も可能なサイト販売。

    表示サンプル:ArcGIS(ESRI社製)での表示(WGS84-経度緯度表示)
    Portion Copyright © 2011 OPeNBooK Co., Ltd.

※ご注意!
英文コードは、「拡張ASCIIコード(ISO西ヨーロッパ対応)」となっています。
日本における各種システム環境では、日本語との共存が出来ない為、英文は標準ASCIIコードに統一させて頂いております。(例:ä、â、ã、å、à、á → a)
拡張ASCIIコードでのご提供につきましては、別途ご相談ください。

ページ・トップへ

リリースノート

2016年度版 日本語版SDBWをリリース!(2015/8/18)

平素は当社の日本語版SDBW(Spatial DataBase of the World)をご愛顧いただき、誠に有難うございます。
お陰様で2016年度版日本語版SDBWをリリースすることができました。
以下に、昨年度版からの更新内容をお知らせいたします。

国名および国家・地域のステータス変更
  • グルジア(Georgia)
     → ジョージア(グルジア)(Georgia)
     ※英語のつづりには変更なし
  • ニウエの国コードを新規入力(日本政府による承認)
自然地名(cat2p)
  • 日本近海の島嶼部・岬名称の日本語化および更新・修正(約370件)
     ※硫黄島(いおうじま)→ 硫黄島(いおうとう)など
国境線(cat7l)
  • クリミア(ウクライナ)の境界線を係争中に変更
  • アブハジア(ジョージア[旧グルジア])の境界線を係争中に変更
  • 南オセチア(ジョージア[旧グルジア])の境界線を係争中に変更
都市(cat8p)
  • 世界各国の首都の人口を最新に更新
  • 世界の州都・省都レベルの都市の人口を最新に更新(約1700件)
    ※最新の統計情報が公表されていない都市については、旧来のまま
  • その他都市名の修正および日本語化
国立公園(cat10、cat10p)
  • 慶良間諸島国立公園を新規入力
軍事基地(cat11p)
  • アメリカ軍基地の追加・修正(約300件)
     アメリカ国内
     在日米軍基地
  • ロシア軍の国外重要拠点の追加
     タルトゥース軍港
     バイコヌール基地
鉄道および道路(cat14l)
  • 世界の高速鉄道
     ヨーロッパ、中国、アメリカの高速鉄道路線を追加
  • 日本の高速道路路線の追加
     圏央道の新設部分を入力
オプショナル(空港)
  • 空港の新規追加
     臨沂空港(中国 山東省)
     ヴィン国際空港(ベトナム)
  • ルクラ空港
     → テンジン・ヒラリー空港に名称変更
オプショナル(世界遺産)
  • 世界遺産の更新
     2015年新規追加:24件
     範囲変更:3件
     名称変更:1件
     危機遺産リストの更新

ページ・トップへ

2015年度版 日本語版SDBWをリリース!(2015/2/1)

平素は当社の日本語版SDBW(Spatial DataBase of the World)をご愛顧いただき、誠に有難うございます。
お陰様で2015年度版日本語版SDBWをリリースすることができました。
以下に、昨年度版からの更新内容をお知らせいたします。

国名(正式名称)変更
  • スペイン王国(Kingdom of Spain)
     → スペイン(Spain)
  • イタリア共和国(Republic of Italy)
     → イタリア共和国(Italian Republic)
  • マケドニア・旧ユーゴスラビア共和国
    (Former Yugoslav Republic of Macedonia)
     → マケドニア旧ユーゴスラビア共和国
       (Former Yugoslav Republic of Macedonia)
  • 西岸(パレスチナ自治区) (West Bank)
     → パレスチナ自治政府(Palestinian Authority)
  • ボリビア多民族国(Plurinational State of Bolivia)
     → ボリビア多民族国(The Plurinational State of Bolivia)
  • オーストラリア連邦(Australia)
     → オーストラリア連邦(Commonwealth of Australia)
行政領域、行政区分(cat6、cat7)、海岸線等
  • 小笠原諸島西之島のデータを新規追加
鉄道(cat14l)
  • 日本国内の鉄道データを整備
    • 東北新幹線(八戸~新青森:2010年12月4日開業)
    • 北陸新幹線(長野~金沢:2015年3月14日開業予定)
    • その他国内の鉄道路線を更新
オプショナル(空港)
  • 新規追加
    • 稲城亜丁空港(中国・四川省)
      *2015年現在、世界で1番高い場所に位置する空港(4,410m)
    • 康定(カンティン)空港(中国・チベット自治区)
      *世界で2番目に高い場所に位置する空港(4,238m)
      *チベット名はダルツェムド空港
    • イトゥルップ空港(ロシア サハリン州・日本 択捉島)
      *2014年に北方領土の択捉島に建設される
    • クアラナム国際空港(インドネシア)
      *2013年に開港
    • ハマド国際空港(カタール)
      *2014年にドーハ国際空港から移転
  • 日本国内の民間航空が就航しなくなった空港情報を更新
    • 民間就航便なしの休港フラグを新設:INTL:3
    • 礼文・福井・岡南・五島福江・伊江島・慶良・下地島・波照間空港
オプショナル(新発売:世界遺産)
  • ユネスコが指定する世界遺産約1000件を網羅

ページ・トップへ

2014年度版日本語版SDBWをリリース! (2013/11/22)(※2013年度版より名称変更:今年度から表記年次をリリースした年の翌年といたしました。そのため本年時の最新版は2014年度版となります。)

2014年度版(旧名称2013年度版) 日本語版SDBWをリリース! (2013/11/22)
平素は当社のSDBW(Spatial DataBase of the World)をご愛顧いただき、誠に有難うございます。
お陰様で2014年度版(旧名称2013年度版) 日本語版SDBWをリリースすることができました。
以下に、昨年度版からの更新内容をお知らせいたします。

国名(正式名称)変更
  • ソマリア共和国(Republic of Somalia)
     → ソマリア連邦共和国(Federal Republic of Somalia)
  • パプアニューギニア(Independent States of Papua New Guinea )
     → パプアニューギニア(Independent State of Papua New Guinea )
行政領域、行政区分(cat6、cat7)
  • エジプトの県領域、県境界を追加
  • セルビア(ボイボディナ自治州含む)の行政領域、行政境界を追加
  • 旧ユーゴスラビア地域(コソボ共和国・モンテネグロなど)のデータ修正(ISOコードなど)
都市(cat8)
  • ロシアの人口10000人以上の都市名を日本語化(約500都市)
  • 都市ポイントの位置修正(旧ユーゴスラビア地域)
  • 首都(別称)の追加(パナマシティ、アシハバード)
その他交通施設(cat15)
  • ボスポラス海峡海底トンネルを追加
  • ハサン~羅津の鉄道を追加
  • 川崎~木更津間の航路(マリンエキスプレス)を削除
日本語名称追加および修正・オブジェクト追加および修正)
  • cat6(行政領域)
    • cat6(行政領域)
      *日露未確定地などを日本政府の主張に適合するように修正
      *ポリゴンの修正(オホーツク海・日本海・東シナ海など)
    • cat9(文化)
      *日本語名称の修正(日本中心)
オプショナル(空港)
  • 過年度データの不備修正(国名変更など)
  • 新規追加
    • 新石垣空港(日本)
      * 旧石垣空港を閉鎖
      * 滑走路の延長により、首都圏への直行便が就航可能となった
    • 岩国飛行場(錦帯橋空港)(日本)
      *米軍岩国基地に民間定期便が就航開始
    • バコロド・シレイ国際空港(フィリピン)
      * セラパラン空港は閉鎖
    • 昆明長水国際空港(中国・雲南省)
      *市街地にあったバコロド空港から移転
    • ドン・ムアン空港(タイ)
      *2011年10月の大洪水以来閉鎖されていた空港を再開
    • マッタラ・ラジャパクサ国際空港(スリランカ)
      *スリランカ第2の国際空港として開港、今後大規模拡大工事を予定
    • マリスカル スクレ国際空港(エクアドル)
      *キト中心部から郊外に移転
    • 他多数

ページ・トップへ

2012年度版 日本語版SDBWをリリース! (2012/11/1)

2012年度版 日本語版SDBWをリリース! (2012/11/1)
平素は当社のSDBW(Spatial DataBase of the World)をご愛顧戴き、誠に有難うございます。
お陰様で2012年度版 日本語版SDBWをリリースすることができました。
以下に、昨年度版からの更新内容をお知らせいたします。

国名(正式名称)変更
  • ハンガリー共和国( Republic of Hungary )
     → ハンガリー( Hungary )
  • 大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国
    ( The Great Socialist People's Libyan Arab Jamahiriya )
     → リビア( Libya )
都市ポイント(cat8p)
  • 表示スケール【F_SCALE】に「100」(大凡1/1,0000万以上)を新規追加
  • 都市ポイントの位置修正(日本・県庁所在地)
道路ライン(cat13l)
  • 高速および一次・二次道路の新規追加・修正
  • 【アジア】
    • 日本
    • 韓国
    • 中国
    • ベトナム
    • インドネシア
    • 東ティモール
    • カンボジア
    • ラオス
    • ミャンマー
    • タイ
    • マレーシア
    • ブルネイ
    • フィリピン
    • シンガポール
    • ウズベキスタン
    • トルクメニスタン
    • アゼルバイジャン
    • アルメニア
    • グルジア
    • カザフスタン
    • キルギス
  • 【オセアニア】
    • オーストラリア
    • ニュージーランド
  • 【ヨーロッパ】
    • ロシア
    • ウクライナ
    • ベラルーシ
    • エストニア
    • リトアニア
    • ラトビア
    • モルドバ
    • セルビア
    • コソボ
    • ボスニア・ヘルツェゴビナ
    • クロアチア
    • マケドニア共和国
    • スロベニア
    • モンテネグロ
  • 【北アメリカ】
    • アメリカ
    • カナダ
    • メキシコ
    • キューバ
    • グアテマラ
    • ベリーズ
    • エルサルバドル
    • ホンジュラス
    • ニカラグア
    • コスタリカ
    • パナマ
    • トリニダード・トバゴ
    • ドミニカ共和国
    • ジャマイカ
  • 【南アメリカ】
    • エクアドル
    • ボリビア
    • コロンビア
    • ペルー
    • チリ
    • アルゼンチン
    • ウルグアイ
    • パラグアイ
    • ベネズエラ
    • スリナム
    • フランス領ギアナ
    • ブラジル
オプショナル(世界時差ポリゴン)(timezone)
  • 時差ポリゴンの修正
    • サモア独立国
    • トケラウ諸島
    • キリバス
日本語名称追加および修正・オブジェクト追加および修正)
  • cat2p(自然)
    • 島名、諸島名などの追加修正(日本・アジア中心)
  • cat4l(河川)
    • オブジェクトと河川名称の不具合を修正(日本・中国・コンゴ川中心)
  • cat6(行政領域)
    • ISOコード、重複コードの追加修正など
  • cat14l(鉄道)
    • 不正なコードを除去
  • ISOX99U(行政界ポリゴン)
    • キングマン岩礁、パルミラ環礁の追加
軍事施設
  • cat11p、cat11(軍事領域)
    • 表示スケール【F_SCALE】の調整
オプショナル(空港)
  • 過年度データの不備修正(国名変更など)
  • 新規空港
    • 昌都邦達空港(中国・チベット自治区)
      * 世界で一番高い場所に位置する空港(標高4,334m)。
      * 商用空港で世界一長い滑走路(5500m×45m)。
    • ネピドー国際空港(ミャンマー)
    • ロンボク国際空港(インドネシア)
      * セラパラン空港は閉鎖
    • 昆明長水国際空港(中国・雲南省)
      * 昆明巫家壩国際空港は閉鎖
    • 揚州泰州空港(中国・江蘇省)
    • 掲陽潮汕空港(中国・広東省)
    • 岩国錦帯橋空港(日本・山口県)
  • 改名
    • 「イスラマバード国際空港」 → 「ベナジル・ブット国際空港」
  • 閉鎖
    • 広島西飛行場(日本・広島県)閉港 → ヘリポート

ページ・トップへ

2011年度版 日本語版SDBWをリリース! (2011/10/31)

平素は当社のSDBW(Spatial DataBase of the World)をご愛顧戴き、誠に有難うございます。
お陰様で2011年度版 日本語版SDBWをリリースすることができました。
以下に、昨年度版からの更新内容をお知らせいたします。

国名新規追加
  • 南スーダン(スーダンから南部10州が分離独立)
  • クック諸島(ニュージーランドより分離独立)
国名(正式名称)変更
  • ミャンマー連邦( Union of Myanmar )
      → ミャンマー連邦共和国( Republic of the Union of Myanmar )
  • フィジー諸島共和国( Republic of the Fiji Islands )
      → フィジー共和国( Republic of Fiji )
  • ソマリア民主共和国( Somali Democratic Republic )
      → ソマリア共和国( Republic of Somalia )
国境線変更 / cat7l(行政界)
  • イエメンとサウジ・アラビアの国境線修正。
日本語名称追加および修正・オブジェクト修正)
  • cat1p(高点)
    • 日本国内の高点(山)を中心に日本語注記の追加修正。
  • cat8p(都市)
    • 日本語注記総数【18,754 → 19,761 件】
    • ノルウェー、スウェーデン、デンマーク【145 → 695 件】
  • cat6、cat6p(地方行政区画名)
    • ロシア(連邦構成主体の減少、連邦管区の増加)
    • スウェーデン(日本語注記の不備を修正)
    • チェコ (日本語注記追加)※以下、同様
    • ルーマニア
    • タンザニア
    • エクアドル
    • チュニジア
    • ガボン
    • パプアニューギニア
    • フィジー
    • シエラレオネ
    • ソロモン諸島
    • スリナム
    • ベルギー
    • キューバ
    • パナマ
    • ホンジュラス
    • エルサルバドル
  • cat17、cat17l(海底)
    • 日本語注記追加【237 → 537 件】
高速鉄道 / cat14l(鉄道)
  • 日本、中国の高速鉄道を新規追加。
軍事施設 / cat11p、cat11(軍事領域)
  • 日本の自衛隊(陸海空)、在日米軍施設の新規追加、米軍施設の日本語化。
  • cat11p 日本語注記追加【220 → 512 件】
  • cat11 日本語注記追加【90 → 93 件】
都市域 / cat8(都市)
  • 全世界830都市域(相当)新規追加【26,850 → 27,680 件】
オプショナル(空港)
  • 過年度データの不備修正(国名変更など)
  • 新規空港
    • デチェン・シャングリラ空港(中国雲南省)
    • 漠河空港(中国黒竜江省)※中国最北の空港
    • 中衛香山空港 (中国寧夏回族自治区)
    • 固原六盤山空港 (中国)
    • 淮安漣水空港 (中国)
    • ガリ(阿里)空港 (中国)
    • 日喀則和平空港 (中国)
    • 騰沖駝峰空港(中国)
    • ドンホイ空港 (ベトナム)
クレジット
  • Portion Copyright © 2011 OPeNBooK Co., Ltd.

ページ・トップへ

2010年版 日本語版SDBWをリリース! (2010/9/1)

平素は当社をご愛顧戴き、誠に有難うございます。
2010年版 日本語版SDBWをリリースしました。
今後ともご愛顧の程、宜しくお願いいたします。
尚、昨年版からの更新概要を下記の通りお知らせいたします。

  • 道路
    • 南アジア・中東・アフリカ東部の道路に就きまして、追加・更新。
    • 中国道路縮尺情報更新
  • 鉄道
    • 西ヨーロッパ鉄道網の更新。高速鉄道レイヤの追加。
    • 日本国内鉄道の更新。
  • 都市
    • 一部日本語地名の追加。市町村合併に伴う日本国内都市名修正。
  • 行政界
    • インド・アフガニスタン行政界変更に伴う修正。
    • ベトナム・ラオス・カンボジア・タイ行政界の追加。
  • 地形
    • アラル海の湖面減少に伴う修正。 他
  • その他
    • 空港位置データ追加及び変更。
    • 標準時差のロシア変更に伴い修正。
    • 【新規】世界遺産位置(ポイント)データ調製。
    • 陸部標高グリッド標高地データ修正。
  • クレジット
    • Portion Copyright © 2011 OPeNBooK Co., Ltd.

ページ・トップへ

日本語版SDBWをリリース! (2009/10/1)

平素は当社をご愛顧戴き、誠に有難うございます。
このたび日本語版WDDBを一新し、日本語版SDBWをリリースすることとなりました。既に日本語版WDDBをご利用頂いておりますユーザー様にはご不便をかけないよう、ファイル名、アイテム名などには一切変更を行なわず、引き続きご利用頂けますよう配慮いたしております。また、標準価格体系も変更せず従前同様としております。
特筆すべき変更点等に就きましては、下記の通りです。
今後ともご愛顧の程宜しくお願いいたします。

  • データベース定義
    • 全てのデータベースに日本語・日本語別名・アルファベット・アルファベット別名・日本語ヨミ・日本語ヨミ別名のアイテム構成とし全てのオブジェクトに日本語を付与できるようにしました。文字検索・ヨミでの検索を可能とし、従前、検索テーブルとして販売していましたオプショナルデータは、製品として除外しました。
  • 日本語及び日本語ヨミ
    • 日本語の前提として「ヴ」を用いていたものに就きまして、「ヴ」を無くし、バ・ビ・ブ・ベ・ボに改めました。
    • ()書きで表現していました別名は、アイテムを分離して記載しております。
  • 都市(cat8p)
    • 日本国在外公館フラグ、都市人口フラグを追加しました。
  • 地形
    • 埋め立て等の変動が大きい中国東海岸・朝鮮半島西海岸を修正しています。
  • その他
    • 時系列的な変更を加えてあります。特に中国は、従前に比して更新しております。
  • クレジット
    • Portion Copyright © 2011 OPeNBooK Co., Ltd.

ページ・トップへ

SDBWの経緯

 SDBWは、元々世界地図や世界地図帳の出版、または世界地図を使用するアプリケーションソフト向けに開発されたデータベースでしたが、2000年に汎用GIS(Geographic Information System : 地理情報システム)ソフトでも扱えるようにデータ構造に改良を加え、「日本語版WDDB(World Digital DataBase)」という名称でリリース致しました。
 当初(WDDB時期)のリリース時点においては、マッピング目的でしかなかった為、CADデータの仕様で開発されたデータベースだったのですが、CADデータでは、GIS分野での利用にはあまりにも効率/都合が悪く、用途も制限されてしまう為、間もなくGISのデータ仕様で再設計/再調整が行なわれ、GIS向けの世界地図データベースとして再リリース致しました。

2011年9月からは当社(オープンブック株式会社)の主力製品として、「日本語版SDBW(Spatial DataBase of the World)」に名称を変更し、更にデータのバリエーションを充実させた製品にバージョンアップ致しました。

“GIS分野での扱い易さを重視”して、加工・製作されたSDBWは、現在でも毎年データの更新が行われ、ますます扱い易い「世界地図データベース」として進化を続けております。

SDBWを、今後とも宜しくお願いいたします。

ページ・トップへ